So-net無料ブログ作成
検索選択

タクシーで暴れ、乗り逃げ…松阪市職員を逮捕(読売新聞)

 三重県警松阪署は9日、同県松阪市御殿山町、市清掃事業課職員藤本進也容疑者(44)を窃盗の疑いで現行犯逮捕した。

 発表によると、藤本容疑者は同日午前3時45分頃、同市駅部田町の国道42号で、乗っていたタクシーの座席をけるなどして暴れ、怖くなった運転手がタクシーを降りた後、運転席に移ってタクシーを乗り逃げした疑い。

 藤本容疑者は同市の繁華街からタクシーに乗車。途中で暴れ出し、運転手はバス停に車を止めて逃げ、約150メートル先で巡回していたパトカーに助けを求めた。タクシーはすぐに見つかり、運転していた藤本容疑者を現行犯逮捕した。藤本容疑者は酒を飲んでいた。

危ない市議会開会…ヘルメットで地震に備え(読売新聞)
<地震>秋田・湯沢で震度3=午後0時22分(毎日新聞)
口蹄疫 菅首相、初動対応徹底を指示 政府対策本部会合(毎日新聞)
振興銀検査妨害事件、木村前会長を任意聴取(読売新聞)
“ショタ”サイト活発化で警察当局が本腰 歪んだ性に走るマニアたちの告白(産経新聞)

<殺人再現実験>捜査員が振り落とされ役 スタントマン断念(毎日新聞)

 京都府福知山市で乗用車にしがみついた男性(59)が振り落とされ死亡した殺人事件で、京都地検と京都府警は、ダミーの人形ではなく、生身の捜査員が被害者役を務める異例の再現実験をした。この映像は裁判員裁判で証拠提出されることが予想される。

 府警によると、男性は先月16日、侵入したアパートから逃げようとする男2人の車を止めようとし、170メートル先で振り落とされた。

 実験は今月3日、京都市伏見区の府警察学校で実施。ボンネットに捜査1課の警部補がしがみつき、蛇行運転で振り回される様子をカメラ7台で追った。最高速度は40キロ。撮影は9回繰り返した。

 「迫真性を高めるため」(同課幹部)だが、スタントマンの起用は予算不足で断念。被害者の体形に似た警部補が手を挙げた。【林哲平、古屋敷尚子】

【関連ニュース
裁判員裁判:公判で突然否認の被告に懲役10年 東京地裁
裁判員裁判:「全国初」懲役15年確定へ
殺人未遂裁判:被告が突然、起訴内容を否認 異例の展開に
裁判員裁判:殺人罪が傷害致死に…懲役8年判決 水戸地裁
タクシー強盗:19歳米兵に懲役3〜4年の実刑 那覇地裁

口蹄疫特措法、4日施行(時事通信)
旅先で野球拳「私的な席とはいえ…」町長陳謝(読売新聞)
<地震>福島・相馬で震度3=午後1時49分(毎日新聞)
都内最大級 売春クラブ摘発(産経新聞)
鬼花火 湯の街の夜空に次々…登別温泉で幕開け 北海道(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。